病院概要

院長あいさつ

「心のやすらぎ」につながる総合的医療

川嶋院長

昭和33年緑豊かな当地に開設された有馬病院は「市民の声」と、「多くの人々との結びつき」により発展して参りました。社会が複雑となり、その変化のスピードが速まり、ストレスが増大するとともに精神科医療の必要性や広がりは益々大きくなってきております。
心の障碍に立ち向かう力を支え、強めるためには、自分自身を肯定し、自分が大事にされている感覚を持つことが大切です。そのために、ホスピタリティにあふれた快適な療養環境を重視しております。もちろん、最新の医療と多彩な治療プログラムを充実させることにより、「心のやすらぎ」につながる総合的な医療の実践を目指しております。

有馬病院院長 川嶋 祥樹

理念

心のやすらぎをもとめて

基本方針

  • 良質の医療サービスを提供します
  • 人材育成に努め、安全や、人権に配慮した良質な医療を提供します。

    基本方針

  • 精神障碍者の社会復帰を促進します
  • 基本方針

    地域諸機関、施設等との連携に努め、復職支援等各々の患者さまの事情や、要望にあった社会復帰を促進します。
  • 地域の精神医療に貢献します
  • 基本方針

    精神科医療の地域への広報、啓発を進めるとともに日常診療や救急診療に幅広く対応し、地域の精神科基幹病院として地域の精神科医療に貢献します。