「包括的暴力防止プログラム(CVPPP)」研修 2018年4月17日

3月14日(水)
有馬病院において兵庫県精神科病院協会看護部会、阪神地区主催の研修がありました。

「包括的暴力防止プログラム(CVPPP)」という研修で近隣の精神科病院から20名近くの職員の方が参加されました。

兵庫県精神科病院協会とは、兵庫県下34施設ある精神科病院が加盟している協会で、県下を4つの地区に分けています。有馬病院が所属する阪神地区は、近隣の精神科病院(北は丹波市、南は伊丹市迄)の7施設で構成されています。

毎年看護部会の阪神地区研修では2施設ずつが担当し、入院患者さまの退院支援や病棟での患者さまの支援など色々な研修を行っています。
今年は会場を有馬病院が提供し研修を行いました。

「包括的暴力防止プログラム(CVPPP)」とは、一般では聞きなれない言葉ですが、精神科の施設の中ではこの研修を行い

  • 「暴力がどうして起こるのか?」
  • 「どうすれば怒りを抑えられるのか?」
  • 「加害者にも、被害者にもならない」等

座学やデモンストレーションを行い入院患者さまや外来通院の患者さま、施設職員の安全に役立てています
このように毎年の研修を通じて近隣の施設と連携を取りつつ、患者さまの自立支援や、より安全な療養環境を提供できることを目指しております。

有馬病院6病棟師長 柳田 真史





2018年4月17日