限度額適用認定証について

健康保険加入者及びその扶養家族が入院された際、ご加入の健康保険にて申請し、「限度額適用認定証」を病院窓口にご提示いただくと、病院での保険医療費、支払い上限額が下記のようになります。
(食事療養費、保険外診療費等は含まれておりません)

自己負担限度額(該当3回目まで) 多数該当(4回目以降)
252,600円+(医療費−842,000円)×1% 140,100円
167,400円+(医療費−558,000円)×1% 93,000円
80,100円+(医療費−267,000円)×1% 44,400円
57,600円 44,400円
35,400円 24,600円

高額療養費の現物給付について

国民健康保険では医療費の支払いが困難な時は、高額療養費現物給付制度を利用できます。