自立支援医療制度について

自立支援医療(精神通院医療)は、精神疾患(てんかんを含みます)で、通院による精神医療を続ける必要がある病状の方に、通院のための医療費の自己負担を軽減するものです。

  • 対 象 者
  • 精神疾患の治療で通院されている方(入院医療・精神疾患と関係のない医療は対象とはなりません)
  • 医療の給付
  • 医療費の自己負担割合が、原則1割負担になります。さらに、世帯の市民税課税状況に応じて、
    月額の自己負担上限額が設定されます。生活保護の医療扶助を受けている方は自己負担はありません。
  • 申請書類
  • ・申請書(各市担当窓口)
    ・自立支援医療用診断書(更新の場合は2年に1回)※診断書料は、申請者負担(当院では3,000円)
    ・健康保険証の写し
    ・市民税の課税状況を証明する書類(省略できる場合があります)
  • 手続きについて
  • 有効期間は1年で、有効期間の延長(更新)をする場合は、有効期間満了の3ヶ月前から手続きが
    可能です。また、住所・氏名・医療機関等の変更がある場合は、変更手続きが必要です。
  • 申 請 先
  • 各市役所または保健所の担当窓口
制度の利用をご希望の方は、外来窓口または、心理医療相談室までお気軽にお声掛け下さい。

よくあるご質問

医療機関を変更しても使えるの? 使えません。自立支援医療受給者証をご持参の上、申請先窓口で医療機関変更の手続きが必要です。
申請後はどうすればよいか? 審査の上、1年間有効な受給者証が交付されます。診療の際には、受給者証を病院窓口へ提示して下さい。受診する医療機関の申請が必要です。更新手続きは毎年必要です。