名古屋で学会・京都で研修! 2019年7月26日

タイトルの通り、名古屋と京都へ出張してきました。

名古屋出張は、毎年参加している日本精神保健看護学会の学術集会の参加のためで、今年もポスター発表をしました!


…肝心のポスターの写真を取り忘れるというミスをしてしまいましたが、大学の先生や大学院生の方から質問をちょうだいし、楽しいディスカッションができました!
また、身体拘束に頼らないケアをテーマにした研修会では、登壇された先生のコメントにとても考えさせられました。なぜなら、現在の看護者は「看護者としてのアイデンティティが不在化」し、「考えることが空白化」していると、看護者の態度に言及されたからです。自身を含め、そのような状況があるように感じました。
身体拘束に限らず、患者さんのため!というのであれば、私たちにまずできることは、看護者としてのアイデンティティをもち、考えることだと思います。目先の課題の改善も大切ですが、「どうすればより良くなるのか」にも十分にエネルギーを注がなければならないと感じた講演でした。

次に京都研修ですが、こちらは日本精神科看護協会主催の「身体拘束の回避に向けた実践力の強化と看護倫理」をテーマにした研修会でした。
全国から沢山の精神科臨床看護師が集っており、質疑応答の場面では、各施設の実状や取り組みを知ることができ、有意義な時間を過ごせました。
3日間という私にとっては少し長い研修期間でしたが、会場近くにあるスターバックスを堪能できたので、なかなか良い期間だったと、振り返ると思いました(そこかいっ!!)


行動制限に伴う課題は、どこの施設も抱えていると思いますが、自施設が妥協せずにきちんと向き合い、積極的に取り組んでいくことが大切なのだと感じました。

看護部教育委員会





2019年7月26日