より良く働くための治療

近年、働き方が多様化し、働きづらさを感じる労働者の方が増えています。

例えば、

  • 仕事内容が、自分の得手不得手や特性と合っていない
  • 部下の特性や得手不得手を踏まえた仕事やかかわり方がわからない
  • 同僚と自分を比較しまい辛い
  • 仕事のストレスで過食したり、アルコールに頼りやめられない
  • 感情のコントロールがうまくいかない
  • 家でも仕事について考え続けてしまう
  • ミスや失敗の減らし方がわからない
  • 眠れない

など

当院では、薬物療法を中心とした治療だけではなく、心理カウンセリングやメンタルヘルス不調予防のための集団プログラム、仕事でのストレスを強めている要因を精査する短期入院プログラムなど、様々な治療選択肢を提供しております。
これらにより、働いておられる方やその周りの人たちが心身ともに、より良く働くためのお手伝いをします。
企業に出向いた検査、心理カウンセリング、研修も請け負います。ぜひ一度ご相談ください。
(担当:臨床心理室 清瀬)