プレゼンティズム検査入院
不調の要因を知る

心身を健康に保ち、仕事のパフォーマンスを向上させるためには、まずは不調に至る要因を知ることが大切です。
検査入院により、パフォーマンスを低下させうる要因を精査します。
NIOSHの職業性ストレスモデルに沿って、約20種類の心理検査と、睡眠時無呼吸検査や血液検査を実施します。

また、必要に応じて、有効な医療/心理的なサポートのご提案や、職場に対する業務設計のご相談にも応じます。

  • ご本人に対して

    メンタル不調を来す原因をご説明します。
    必要に応じて、有効な医療/心理的なサポートの提案や、予防を目的とした集団プログラム/心理カウンセリングを提供します。

  • 職場の方に対して

    ご本人の特性と適切な業務とのマッチングをご説明し、業務設計の相談に応じます。

プレゼンティズム検査入院のご案内

■対象者
・就労継続中の方、及び復職に当たり環境調整を必要とされる方
■検査実施場所
・有馬病院 心療内科リワーク病棟「六甲」
■検査実施日
・第4週の木・金・土曜日

ご予約・お問い合わせ
〒651-1412 兵庫県西宮市山口町下山口1637-5
医療法人内海慈仁会 有馬病院 医療福祉相談室
TEL 078-904-0721(予約受付 午前9:00~午後5:00)

プレゼンティズム検査入院の流れ

  • 有馬病院 医療福祉相談室に電話にて予約をして下さい。
    TEL 078-904-0721(予約受付 午前9:00~午後5:00)
  • 有馬病院本館外来にて、問診、診察、オリエンテーションを受けます。
  • 入院受付、診察、心理検査、家族や会社の方からヒアリングを行います。
    結果伝達日を予約します。
  • パフォーマンスを低下させうる要因について、検査結果レポートとともにお伝えします。
  • 有効な医療/心理的なサポートの提案や、予防を目的とした集団プログラム/心理カウンセリングのご提供、職場に対する業務設計の相談を行います。