臨床心理室・医療福祉相談室ができました。 2021年4月09日

令和3年4月より、有馬病院では今まで心理医療相談室として活動させていただいていた部署が、『臨床心理室』と『医療福祉相談室』とに分かれることになりました。
公認心理師や精神保健福祉士の各資格の役割を今までよりも明確にし、患者さまや家族の方々、他機関の皆様にもよりわかりやすいようにと考え今回のそれぞれの部門の独立という形になりました。

臨床心理室

医療福祉相談室

『臨床心理室』では、公認心理師の資格を持つ者が従事し、カウンセリングや心理検査、心理教育、リワークプログラム等の実施にあたります。患者さまの心理的側面への支援を行う部署になります。 『医療福祉相談室』では、精神保健福祉士の資格を持つ者が従事し、退院支援や入院相談、経済的な悩みの相談等、患者さまを取り巻く環境面に対しての支援にあたります。


部署は分かれますが、今まで通り患者さま一人ひとりに寄り添いながら、心の健康を保てるような支援を心掛けることは両部署共に変わりません。
悩みや困りごと、その他気になることがございましたら、遠慮なくご相談ください。しっかりと丁寧に対応させていただきます。
より気持ちを引き締めて、患者さまがより良い治療、生活を送れるように頑張っていきます。





2021年4月09日