新卒看護師からのメッセージ

新卒看護師メッセージ 奨学生看護師メッセージ 育児中看護師メッセージ
精神保健福祉士メッセージ 作業療法士メッセージ

看護師 﨑村さん

新卒看護師メッセージ

看護師を目指したきっかけは?
最初は母親の勧めで学校に行きました。高校生の実習が終わってから本格的に「なりたい」と決心しました。
看護師として働き始めた時、どんな気持ちでしたか?
緊張と不安、そして期待が交差する日々でした。自分が本当に看護師をしていいのか、できるのか、実際毎日とても疲れていました。
一番嬉しかったこと、やりがいを感じたことはなんですか?
人とのコミュニケーションがとても好きなので、患者様との関わりが多いので、そこにとてもやりがいを感じています。
逆に大変だ、つらいと思うことはありますか?
患者様との距離感がとても難しいです。関わりすぎてもダメだし、関わらなさすぎてもダメ。いい距離感を保ち、信頼関係を築いていくことが難しいです。
新人教育や研修についてはどうですか?
勉強会や医師、外部講師による実技演習など多岐にわたりあるので、とても勉強になります。
病院、病棟はどんなところですか?
私の働いている病棟には精神患者だけでなく、内科治療を行っている患者様もいます。そのため、先輩看護師は多岐にわたって教えてくださいます。いろいろなことが学べる病棟です。
これからの目標を教えてください
病院に必要とされるように頑張ることです。
有馬病院に入職を考えている看護師さんや看護学生にメッセージをお願いします。
人との関わりが好きな人、精神科看護に興味がある人にはとても向いていると思います。

奨学生看護師からのメッセージ

看護師 勝吉さん

奨学生看護師メッセージ

看護師を目指したきっかけは?
実は保育士になりたかったのですが、進路を決める時期に両親に、今の時代は看護師も良いのでは?と勧められて。福祉の道には行きたかったので看護師を選びました。
奨学金制度を利用する上で、良い点を教えてください
奨学金の面接の中で自分の要望も聞いていただけるので、県外に行きたいなどの要望も聞いてもらえます。
奨学金制度を利用する上で、注意するポイントなどあればお聞かせください
奨学金を一度受けると、しっかり学業に励み、就職後も3年は頑張らなければなりません。途中で辞めてしまうことは難しいので、プレッシャーはあると思います。
有馬病院で働いて良かった!と思うところはどんなところですか?
自分のペースで働けるところと、先輩がいてアドバイスをもらいやすいところです。
大変だ、つらいと思うことはありますか?
精神科なので、患者様との関わりが難しいところです。
普段心かげておられることは?
笑顔と患者様との程よい距離感です。
これからの目標を教えてください
自分らしく生きること、幸せな家庭を作ること、韓国語を話せるようになることです。
有馬病院に入職を考えている看護師さんや看護学生にメッセージをお願いします。
有馬病院は、自分のペースで働きやすく、周りにフォローしてくれるスタッフも多いです。私は同じ学校の先輩がいたので、すごく助かりました。就職への不安はあると思いますが、フォローし合いながらぜひ一緒に働きましょう。

育児中看護師からのメッセージ

看護師 曽山さん

育児中看護師メッセージ

お子様は何人いますか?
3人います。中学1年生、小学4年生、3歳です。
現在はどのような勤務体制でお仕事をしていますか?
日勤のみです。
出産や子育て期間に休職をされたと思いますが、職場復帰はスムーズにできましたか?
1年後に問題なく復帰できました。
子育てと仕事の両立で大変なことを教えてください。
夜勤ができないこと、急な子供の病気で休まなければならない時があることなどですが、配慮してもらえています。
ママさん看護師として、「有馬病院でよかった!」と思うことを教えてください。
帰り時間のズレが少ないので、子供の迎えなどに都合が良いです。急な休みにも対応してもらえます。
ママさん看護師だからこそ、感じたことはありますか?
ギスギスした職場だと家庭にも影響がありますが、そういった雰囲気を感じない環境です。
ママさん看護師になりたい方へメッセージやアドバイスをお願いします。
スタッフがママさん看護師を理解してくれて、支えてくれるので、安心して働けると思います。ぜひ一緒に働きたいです!!

精神保健福祉士からのメッセージ

精神保健福祉士 田上さん

精神保健福祉士メッセージ

精神保健福祉士を目指されたきっかけは?
転職を考えていた時期に、友人を介して知り合った人と話をする機会があり、その方がたまたま精神障碍者の方でした。初めての関わりだったのですが、話を聴き、その方の抱えている生きづらさに向き合ったことが最初のきっかけです。
有馬病院に入職を決めた理由をお聞かせください。
事前に見学をさせてもらいました。閉鎖的ではない環境や患者様と笑顔で挨拶を交わす職員の方々の明るい雰囲気に惹かれて、入職を決めました。
精神保健福祉士として働き始めた時、どんな気持ちでしたか?
前職とは全く異なる職場環境で、知らないがゆえの不安は大きかったと思います。自分が抱いていた精神科に対する「特別な病気」「怖い場所」といったネガティブなイメージは、職員の方々の思いやりのある対応や患者様との直接の関わりの中で、入職後すぐに間違いであったと気付かされました。
一番嬉しかったこと、やりがいを感じたことはなんですか?
患者様がリカバリーしていく過程を、一緒に歩んでいく中で目の当たりにし、自己実現をすることができた時にやりがいを感じます。
大変だ、つらいと思うことはありますか?
精神保健福祉士に求められていることは多岐にわたり、急な案件に対しても多様な業務を同時進行しながらプライオリティーを見極めて、迅速に、臨機応変に対応していく必要があるので、その時は大変に思うことがあります。
新人教育や研修についてはどうですか?
キャリアプランに応じて、院内だけでなく院外にも研修の機会があります。
病院、病棟はどんな所ですか?
職種や部署を超えて、相談のしやすい、アットホームな職場環境だと思います。
普段心がけていることは何ですか?
患者様の悩みや希望に丁寧に寄り添い、患者様の思いを多角的に受け止めて、目標に向かって共に歩んでいきたいと思います。
これからの目標を教えてください。
後輩の育成にも積極的に取り組み、精神保健福祉士の魅力を伝えていけるように、一日一日成長していきたいと思っています。
有馬病院に入職を考えている方へメッセージをお願いします。
優しさと厳しさの中で、スタッフ全員が互いに切磋琢磨し、持ち味を活かしながら専門性を高めていける職場であると思います。精神保健福祉士として一緒に働けることを楽しみにしています。

作業療法士からのメッセージ

作業療法士 細川さん

作業療法士メッセージ

作業療法士を目指されたきっかけは?
元々折り紙や編み物などの手芸が好きで、これらを治療手段として用いる作業療法に魅力を感じたからです。
有馬病院に入職を決めた理由をお聞かせください。
長期実習でお世話になったことがきっかけです。自分自身がこれから作業療法士として働く上で、その時の指導者をロールモデルにしたいと思い、同じ職場に就職しようと決めました。
作業療法士として働き始めた時、どんな気持ちでしたか?
期待3割、不安7割くらいでした。作業療法士としての不安だけでなく、新社会人としての不安もありました。
一番嬉しかったこと、やりがいを感じたことはなんですか?
退院した患者様が近況報告を兼ねて会いにきてくださったことです。入院時に、無理は禁物だと私から話したことを覚えてくださっていたのか、「細川さんも無理は禁物ですよ」と。自分自身も患者様から支えられているのだと感じた瞬間です。
大変だ、つらいと思うことはありますか?
患者様に応じて、自分をコントロールすることに難しさを感じます。大学時代の恩師に「精神科では医療者自身が治療道具」だと教わりましたが、様々な患者に対して適切な治療道具であるように、自分自身の個人特性を振り返る毎日です。
新人教育や研修についてはどうですか?
作業療法室では、経験年数3年未満のスタッフに、経験豊富なスタッフがバイザーとして付きます。どんな小さなことでもすぐに相談できる環境にあり、新人教育制度は整っていると感じます。また、院内研修も充実しており、更なるスキルの向上を目指して院外研修に参加しているスタッフも多くいます。
病院、病棟はどんな所ですか?
学びの場です。どれだけ論文や参考書を読んだとしても、やはりこの仕事は患者様から学ばせていただくことが大半です。
普段心がけていることは何ですか?
姿勢と場所を常に変えることです。ずっと患者様の前に座っていては、患者様の後頭部の寝癖には気付けませんし、自身の背筋を少し伸ばすだけで違った景色に気付きます。作業療法士は気付くところから広がっていく職種だと思います。
これからの目標を教えてください。
数十年後もこの仕事を選んで良かったと思えることが超長期目標です。そのために日々、患者様との関わりの中で、自分自身の楽しい・嬉しいという感覚も大切にしたいと思います。
有馬病院に入職を考えている方へメッセージをお願いします。
有馬病院に一度見学に来てみてください。デイケア室前の渡り廊下から見える山がとても綺麗です。